美肌になるためには栄養素の知識を身につけると良いでしょう。

栄養素の知識は美肌作りに欠かせない

美容に感度の高い20代後半の女性なら、美肌を作るためには「栄養素」が欠かせないことをご存じのはずです。
そのため、サプリメントや健康補助食品などの栄養素が大変人気を博しています。

 

しかし、栄養素を体に浸透させる基本は「食事」です。
持続的な美肌を手にしたければ食事を改善しましょう。
特に、お肌に欠かせない“3大栄養素”である「ビタミンA」「ビタミンC」「タンパク質」について、含まれている食べ物や効能をご紹介いたします!

 

 

 

美肌の3大栄養素と重要性

ビタミンA

ビタミンAを含むミルク

 

「ビタミンA」は、油に溶けやすい性質をもっているビタミンです。
動物性の食品に多く含まれており、「レバー」「うなぎ」「牛乳」「たまご」などを食べることで効率的にビタミンAを摂取することが可能です。

 

しわ・たるみを修復する能力がある

ビタミンAを摂取することで、皮膚や骨の成長を促します。
また、ターンオーバーの促進という形で肌の入れ替えが活発になり、「しわ」や「たるみ」を回復させる効果があるのです!

 

ビタミンC

ビタミンCが豊富なレモン

 

「ビタミンC」は、美容を意識する女性ならマストにして代表的な存在として知られるビタミンです。
水溶性のビタミンであるため、「柑橘系の果物」「キウイフルーツ」「赤・黄ピーマン」などの野菜・果物類に多く含まれています。

 

美白・ニキビ・毛穴…あらゆる悩みに効果がある

ビタミンCは最も代表的にして強力な美肌の見方です。
気になる茶色いシミを生み出すメラニン色素や、イライラの原因である男性ホルモンを抑制して肌の平穏を保ちます。
また、加齢で気になる毛穴の開きや、紫外線のアフターケアも万全なため、非常に汎用性の高いビタミンです!

 

タンパク質

タンパク質が豊富な納豆と卵

「タンパク質」は、皮膚、臓器、髪の毛に爪など、体の主要器官を構成する栄養成分です。
トレーニング後に飲む「プロテイン」で効率的に摂取できます。
一方で「鶏ささみ」「イワシ」「たまご」「納豆」などの食品にも多く含まれているため、日々の食事で気軽に摂取することが可能です。

 

体の品質を良好にできる

前述したとおり、タンパク質は体を作るために欠かせない栄養素です。
その中には“皮膚”も含まれているため、タンパク質を摂取すればターンオーバーが活性化し、キレイな肌を持続し続けるサイクルが作れます!

 

 

食材を選ぶ際は美肌を意識

美肌を作り上げる土台となるのは食事です。
食事には様々な栄養素が含まれており、求めている効果を意識して食事をするだけで肌トラブルが驚くほど改善したという事例もあります。

 

その基本として「ビタミンA」「ビタミンC」「タンパク質」の3大栄養素は、美肌作りには欠かせません。
必要に応じてミネラルなど更なる栄養に注目し、食生活にこれまで以上に気を遣うことで“お手入れいらず”の理想的な肌に近づけるのではないでしょうか。

 

この他にも、外側から特別ケアで肌にご褒美を与えるとより効果的かもしれませんね。