明るく潤う肌を保つために、定期的な産毛ケアを行いましょう。

まぁ、いいか!と思ってついつい怠ってしまいがちな産毛ケア。
しかし、産毛をきちんと処理することによって、化粧のノリは格段によくなり、肌がトーンアップして見えるようになります!
また、ちょっとしたひげが生えたままになっていると男性を幻滅させてしまうことにもなりかねないので、産毛のケアは定期的にしっかりと行いましょう。

 

ここでは肌をもっとキレイに見せるための基本的な産毛ケアをご紹介します。

 

 

産毛の剃り方

①洗顔

産毛を剃る前に必要な洗顔

化粧や皮脂、汚れが残っている状態で肌にカミソリを当てると、皮膚に細菌が入る原因となってしまいます。
まずは基本的なクレンジングと洗顔を丁寧に行いましょう。

 

 

②シェーバー用のクリームを塗る

カミソリ負けを防ぐシェーバー用クリーム

顔に直接カミソリを当てるとカミソリ負けを起こしてしまう原因になるので、シェーバー用のクリーム、もしくは乳液を塗る必要があります。
クリームの代わりに洗顔用の泡を塗る人もいますが、地肌が見えにくくて剃りにくい上に皮膚の表面が傷つきやすくなってしまうので、必ず専用のクリームもしくは乳液を使用しましょう。

 

③カミソリで剃る

産毛を処理するカミソリ

顔そり専用カミソリで剃っていきます。毛の流れに逆らってしまうと肌を傷つける原因となってしまうので、毛の生える方向に剃って優しく剃りましょう。
カミソリの刃は、顔に雑菌が移らないよう清潔に保っておくことが大切です。開封してしばらくすると簡単に錆びてしまうので、注意しておきましょう。
肌がカミソリに負けやすい人や敏感肌の人は、顔そり専用の電動シェーバーを試してみるのも一つの手です。

 

④洗い流す

産毛処理後の洗い流し

剃った毛を洗い流します。産毛を剃る前に塗ったクリームや乳液をきれいに洗い流すためには、お湯で流したほうが落としやすいです。
カミソリ負けしやすい人の場合は、温めると症状を悪化させてしまうことがあるので、きちんと洗い流した後に水で肌を冷やしてあげましょう。

 

⑤化粧水・乳液で保湿

スキンケアの基本である保湿

化粧水・乳液での保湿はスキンケアに欠かせない基本中の基本であるということは、言わずもがなですね。
保湿が充分でないとカミソリ負けのリスクも高くなるので、産毛処理後の保湿は丁寧にしておきましょう。

 

産毛ケアの頻度

産毛ケアは、毛の生え変わり周期をかんがみると、3~4週間に一度くらいのペースで行うのがベストだと言われています。
産毛の処理は基本的にカミソリで行うため、高頻度でしすぎると肌の必要な角質まで落としてしまうので注意しましょう。
また、カミソリ負けを防ぐために、生理前後など肌のコンディションが乱れている時期はできるだけ避けて、肌の調子が良い時に行うことが望ましいです。

 

産毛の処理は肌をキレイに見せるために欠かせないお手入れですが、誤った産毛ケアは肌トラブルの元になります。
定期的に丁寧な産毛ケアをすることで、明るくて透明感のある素肌をキープしましょう♪