清潔感を保つひと手間で肌トラブルを防ぐことが出来ます。

キレイな肌を守るのは清潔感

キレイな自分を維持するためには、肌に触れるアイテムを常に清潔に保たなければいけません。

 

例えばコスメ。
毎日のように直接肌に触れさせるコスメには、古い角質や汚れが溜まりやすくなっています。

 

肌トラブルを防ぐという意味でも、「コットンに消毒液を含ませて軽く拭き取る」などの清潔感を保つ一手間を加えることがオススメです。

 

肌に触れるアイテムは常に清潔を保っていなければ、いつまでも肌トラブルに悩まされ続けてしまいます。
健康的でキレイな肌を維持するためにも、以下のポイントを守って「肌トラブルを防ぐ清潔環境」を作りましょう。

 

 

 

肌トラブルを防ぐ清潔環境の作り方

顔を手で触らない

人は無意識に顔を手で触ってしまう生き物です。
その回数は平均して1日で250回~500回と言われています。
そして残念ながら人間の手はそこまで清潔を保てていません。
顔を触る前には必ず手を洗い、日常生活では「基本的に触らない」ように努力しましょう。
それだけでにニキビや肌荒れに大きな効果を示します!

 

洗いすぎは逆効果

顔を洗っている女性の画像

チョットしたことでも汗をかいてしまう夏場や、乾燥しきって肌が潤いを欲する冬場はどうしても顔を洗いたくなってしまいますが、ぐっと我慢しましょう。

 

顔の洗いすぎは保湿成分まで落としてしまうため、逆効果になってしまいます。

 

基本は朝晩の2回、多くても1日で3回までには押さえておくと良いです!

 

タオルは清潔で柔らかいものを

タオルは使用頻度が高いだけに、中々毎日洗うものではありません。
しかし、タオルには雑菌が反映しやすい環境が整っています。
清潔な肌を保ちたいのならば「毎日取り替える」ようにしましょう。

 

毎日洗っているとすぐにゴワついてしまう点が懸念されます。
柔らかいタオルは肌にとってマストな条件であるため、できるかぎり頻繁な買い換えも視野に入れておくと良いです!

 

枕カバーには気を付ける

枕が置いてあるベッド

タオルにも化粧品にも気を遣って、手洗いも怠っていない女性が肌トラブルに悩まされ続ける原因として「枕カバー」が挙げられます。

 

髪の毛は常に外気に晒されており、油分も多いため、入浴後でも肌に触れるのは好ましくありません。

 

枕カバーは寝返りを打った際に髪の毛と肌が触れる間接的な要因となり、最終的には肌トラブルを引き起こします。
なるべく頻繁に交換してあげましょう!

 

 

些細な改善で肌トラブルとおさらば!

日常生活は、私たちが想像しているより遙かに肌にとって優しくない環境です。
化粧品・タオル・手など、肌に触れるものは意識的に清潔を保つことで、やっかいな肌トラブルを未然に防ぎましょう!

 

特に手で顔を触らないという方法は、冬場の感染症対策にも有効的です。
何度もタオルを洗うより遙かに挑戦しやすいため、非常にオススメされます。

 

まずはできることから確実に、肌トラブルを回避しようという心構えが大切になるのではないでしょうか。